不労所得でプチPT&昼からビールのぐうたら生活を目指すブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルシャ湾岸諸国と USD/OMR の続き。
日銀政策金利発表を前に強すぎるポン様に追加ポジが取れず、このところ静観状態の moaimoai ですが、そんな中でも完全固定相場制で SWAP ウマーな USD/OMR は着々と益を出してくれてます。

ただし、この所の原油安および中東産油国外貨準備金のドル離れを受けて、ペルシャ湾岸諸国のペッグ制離れに関する色々な発言がニュースで取り上げられてます。
昨日も、オマーン近隣のサウジアラビアのサウジ中銀総裁からこんな発言があったみたいです。

リヤルのペッグ制を変更する計画ない=サウジ中銀総裁

[リヤド 15日 ロイター]
サウジアラビア通貨庁(中央銀行)のアルサヤリ総裁は15日、ロイターに対し、通貨リヤルの米ドルペッグ制を変更する計画はないと述べた。
これに先立ち、アラブ首長国連邦(UAE)はペルシャ湾岸諸国が米ドルペッグ制の見直しを進めているとの認識を示していた。
 アルサヤリ総裁は「そのようなことは検討していない。方針を変える予定はない」と発言。今後数カ月以内にリヤルを切り上げることはあるかとの質問にも「ない。今年は(ない)」と述べた。
(ソースはこちら

あれ?
昨日は UAE 中銀の総裁がドル離れを明確にコメントしてなかったっけ?

 関連記事
 2006/12/11 湾岸アラブ6カ国単一通貨、発行に遅れも
 2007/01/12 ペルシャ湾岸諸国、ドルとのペッグ制見直している

よーワカラン・・・
いかんせん日本人的には、アラブの産油国って全部一緒のイメージが強いので、ここで改めてペルシャ湾岸諸国について整理してみたいと思います。


まず、ペルシャ湾岸のサウジアラビア、クウェート、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン王国は GCC という地域経済同盟を結んでいます。

GCC_Map

GCC 諸国の地図:

これの同盟はもともと、集団防衛の為に産油大国サウジが中心となって組織された政治・軍事的な同盟だったわけですが、その脅威が薄れつつある現在は関税の統一や通貨統合を目指した経済同盟に変わりつつあるのだそうだ。

しかし、当の GCC 各国にしても今後の発展に向けて色々と思惑があるようで、特にバーレーンがサウジの反対を振り切って米国との FTA を締結し、それにオマーン、UAE、カタール、クウェートが続いた事から、GCC 自体の結束力が揺るぎはじめ、結果としてサウジの発言権がすっかり弱まっているとのこと。

その GCC 各国が採用している固定相場制って言うのは、GCC 諸国のような資源輸出国にとっては自国の商品販売価格を為替変動の影響から守れるというメリットがあったわけですが、自国通貨とペッグ通貨のレートを維持する為にはその国の中銀が無制限に介入をしなきゃいけないわけで、投機筋が本腰で手を出してきて中銀の外貨準備金がそこをついたら手詰まり必至。
まさにアルゼンチンの悪夢再来ってわけだ。

で、資源に依存しつつも経済構造を改善してその依存率を下げたいサウジ以外の GCC 各国としては、「ドル単独依存は変動幅が大きすぎるのでもう嫌づら」「通貨バスケット制でもよくね?」って事になるのも理解できるなぁ・・・

まぁ、クウェート、カタール、バーレーンは、イラク戦争のときにも米英連合軍に対して軍事基地を供与したりしてるので、いまやその顔は完全にサウジよりも米国に向いてるって感じですし、超金持ちリゾートなドバイを擁する UAE も西欧諸国寄りなスタンスってイメージもあるしねぇ。

そんな訳で、オマーンが所属する GCC 関連のニュースに関しては、サウジ関係者の発言と、その他諸国の関係者の発言は基本的に対立するって考えた方が良さそう。
更に言うと、サウジ中銀が何を言おうと、他の諸国は勝手に動くんでしょうね。

とりあえずは、先のニュースで UAE 中銀総裁が言ってた「今年3月」というのが一つの目安になりそうなので、それまでは注意深くニュースをチェックしたいと思います。


 GCC 諸国についての紹介(UAE のオフィシャルサイト)
  http://www.sheikhmohammed.ae/japanese/history/history_arabia.asp

 GCC 諸国の経済情報満載!
  http://www2.pf-x.net/~informant/gcc/indexgcc.htm


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
オマーンについての情報、とても参考になります。ランドは下げそうだったので16.3で3万ランドを利確しました。吉とでるか凶とでるかわかりませんが。
2007/01/16(火) 21:09:16 | URL | トムソーヤ #-[ 編集]
ちなみにUSD/OMRのスワップってどのくらいなんですか?

仮にペッグ制が廃止になった場合どんな動きをするのか?
イマイチその辺が私には予想できませんが、過去にペッグ制を廃止した国はどうなったんだろう?

とんでもない事になるのかな?
2007/01/17(水) 00:46:51 | URL | いわっぽ #-[ 編集]
> トムソーヤさん

確かにランドに関しては、あまり大きなイベントを挟んで持ち越したくないですよね~(苦笑
すっごくわかるっ!!

> いわっぽさん

USD/OMR の SWAP は大体 40 円ちょっとですねぇ。

一般的にペッグを解消した場合、ドル連動で過大評価されている自国通貨の価値が下がる傾向が多いようです。
現状のオマーンは国際収支もプラスですので、マレーシアの MYR がペッグ解除の時の動きが参考になるのかなぁ?

Yahoo! Finance のチャート
http://finance.yahoo.com/q/bc?t=5y&l=on&z=m&q=c&p=&a=&c=&s=USDMYR%3DX

むしろ、通貨切り上げが怖い・・・
2007/01/17(水) 10:59:34 | URL | moaimoai #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。