不労所得でプチPT&昼からビールのぐうたら生活を目指すブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福井日銀総裁いわく・・・
日銀金利据え置き発表後の福井さんの発言です。

> ・日本の景気は穏やかに拡大している
> ・企業部門の好調が家計部門にも波及している
> ・先行きも日本の景気は息の長い拡大を続けていく
> ・物価の先行きは当面上昇テンポが鈍化する
> ・金融政策は経済物価情勢を丹念に点検しながら検討
> ・政策金利水準の調整はゆっくりと行う
> ・政策変更のタイミングや金利水準は今後の経済物価次第
> ・国内企業物価は足元上昇も、先行きは上昇テンポ鈍化
> ・消費者物価の前年比は先行きもプラス基調を続けていく

この内容だと市場的にはほとんど反応ないかも。。。
でも、先行きに対しては「鈍化」を明言しているので、これでまた暫らくは円安基調間違い無さそう。


続いて日銀半期展望レポートが発表されました。
それによると・・・
[福井日銀総裁いわく・・・]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

今月の反省(猛省)。
とうとう月末になってしまいました。
しかも、今月の中盤以降は仕事が微妙に忙しく、FX を全然チェックできてませんでした。
おかげで、前半に被った大幅なマイナスを盛り返す事も出来ず、スッカリ意気消沈です。

しっかし、今月は酷かった。

ZAR様に42万飛ばされてます(号泣

5月の G7 で被った25万のマイナスから、やっとこさ復活し、税金対策どうしよう?なんて考えて矢先のこの悪夢。
これまでの累積収益も全部すっ飛びましたけどなにか?


・・・STOP の重要性について、いい勉強になったじゃないか(前向きに)

さて、来月こそ気持ちをリセットして、がんばりたいと思います。


さて、今日は日銀の目標金利発表がありますが、また据え置きと思われます。
まぁ、福井総裁の発表後のコメントもまたどちらにも取れるような内容だろうし。
というか、先日の国内 CPI の結果を受けて、既に年内~年明け春にかけての金利上げも微妙になってるから、当面は急激な円高もないだろうと思われます。
そんなわけで、今後は年末手仕舞いに注意しながら、高金利通貨を拾って行きましょー!

ちなみに今晩は南ア貿易収支の発表もあります。
先日、15.40 円中盤で拾った ZAR/JPY は昨晩 OCO の STOP にかかって薄利確しちゃったので、今夜の結果で大幅上昇なんて事になったらちょっと切ないかも。
(逆の場合は考えてません。)

ラストスパート、ガンガルぞ!!


米 GDP を寝過ごした。。。
今週の後半はなんだか仕事が忙しかった・・・
で、今日も遅くに帰ってきて、奥様従えて晩酌してたらそのまま陥落、気が付くと毛布掛けられて居間で寝てました。
しかも朝 5 時過ぎてるし(苦笑

寝ぼけた状態で、「あ、昨日は US の GDP 発表だ。結果はどうだったんだろう?」で PC を開くと・・・ USD/JPY 118 円割れぇ?!

このところ、指標発表直前に駆け込み立てしたポジがハズレまくってたので今回は躊躇しちゃったけど、やっぱし SHORT しておけばよかったぁ!!!

しかもポン様、激しく釣られてるし。 危ねぇ~~

実は今週の SWAP 3倍デーに 223 円台後半の GBP/JPY LONG ポジを二枚ほど立ててたんですが、昨日の 224 円乗せに満足して薄利で決済してたんですよ。
やっぱり人間、適度なところで満足するのが一番ってことか。
ホッ。

改めて USD/JPY のチャートを見ると、引け値も 117 円 50 銭まで戻してるし、ポールソンの「景気悪くないヨ」「強いドルがスキ」発言も出てる様なので、今回の指標結果への反応としては一時的にレンジが切り下がっただけかもしれないですねぇ。
来週早々には 118 円台に戻してそうな予感。

ランド様も無事だったし、もう一杯飲んで寝なおすとするか(笑
zzzzzar...


マヌエル南ア財務相、良くぞ言ってくれました!
さて、FOMC 直前の中古住宅販売数は予想よりも弱い結果でしたが、市場の注目はすっかり FOMC に向いてるようで USD/JPY の反応もほとんど無し。
やっぱりおとなしく FOMC を待たなきゃダメかねぇ・・・

とは言え、堅調な AUDGBP を絡めたストレートペアはキッチリ上げてくれたので、昨日から IFD で仕込んでおいた LONG ポジ達をとっとと決済。
この状況下じゃ 50 Pips で充分さっ。
ま、あとで後悔するかもしれないけど、なんたってもう寝むいし(やる気無し)、FOMC 結果を受けてトレンド変わっちゃったらたまらんもんね。

そんな中、個人的にはこんなニュースに反応。

> 「南ア財務相:弱いランドは競争力を強める」
>
> マヌエル南アフリカ財務相は、南アフリカ中期予算を
> 発表し、景気拡大や税収増加、ランド安を受けて本年
> の財政赤字改善、来年には黒字に転換する見通しを示
> した。
>
> 「弱いランドは競争力を強める」
> 「経済は指標が示す以上に加速」
> 「07/08年貸付予想は102億ランド」
> 「06年平均インフレ率は4.6%、07年5.5%。07年前半
>  には6%に達する可能性も」
> 「06/07年税収は296億ランドで目標を上回る」
> 「07会計年度財政赤字は対GDP比0.4%に改善、08年
>  対GDP比0.5%の財政黒字に転換」
>
> 外為市場では、財政赤字改善見通しを受けてランドが
> 上昇。ドル・ランドはロンドンの高値7.7458ランドから
> 7.5930ランドへ下落、ランド・円は15円40銭から
> 15円68銭へ上昇している。(フィスコ)

ひゃっほーう。

この楽観的な発言を受けて、ZAR/JPY は上昇。
昨日仕込んだ 15.40 台の ZAR/JPY にもちょっぴり含み益が。

まぁ、この発言の狙いが、意図的なランド安誘導(今後も口先介入するぞ!)って事だとまたややこしいんですが、とりあえず先日の「お先真っ暗発言」を否定してくれたことに今は感謝!!

ちなみに今回の発言をしたマヌエル財務相ってのはこんな方。

「06/07年税収は296億ランドで目標を上回るよん」


でもって、ダメポ発言のムボウェニ総裁にもブロマイド風に再登場願いましょう。

「ランド、もーダメだって」


やっぱしマヌエルさんの方が貫禄あると感じてしまうのは私だけでしょうか?(笑

またムボウェニくんがボヤクかもしれないんで、最低でもマイナスにならないように STOP かけとこっと。


FOMC 直前。
昨日の夜は会社帰りに飲みに行ってしまっていたんで、
各種経済指標結果もろくすっぽ確認できませんでした。

で、改めてみてみると・・・リッチモンド連銀指数は前回 、予想 に対して結果は -2
こちらもフィリーに続いての激弱だったんですねぇ。

でも、指標発表直後の USD/JPY は大きく下げる事もなく、むしろ日銀による市場介入の噂で値を下げたって感じ。

う~ん、やっぱり今の状況では、US 単体の指標結果で USD のトレンドが大きく変わるって事は無いのかなぁ・・・

先週末から、レンジの上下あった各種オプションが徐々に外れてきてるはずなのに、相変わらずもみ合いから抜け出せないし。

・・・でも、今夜は注目の FOMC 政策金利発表です。
そしてその前には中古住宅販売件数もあります。

政策金利自体は 100% 据え置きだと思いますが、発表後のコメントに要注意です。

レンジ相場に大きな転機が!?
(でも、3時まで起きてたら、翌日会社に行けないヅラ)


ムボウェニ総裁、弱音を吐くの巻。
またネタ出ました。

> 南アフリカ・ランドが売られており、ドル・ランドは
> 0.75台前半から7.65台後半に上昇、ランド・円は
> 15円70銭付近から15円60銭付近まで下落している模様。
> 報道によれば、ムボウェニ南ア中銀総裁が講演で、
> 対GDP比6%を超える経常赤字はランドとインフレ見通し
> にとって脅威との認識を示したことがランド売りの背景に
> なっているとのこと。(フィスコ)

何でこのタイミングで?
みんなそう思ってるけど、あんたぁ中銀総裁なんだから、思ってたとしてても言っちゃダメでしょ~!!


・・・南ア的には16円に乗せさせたくないって事ですかねぇ?
NZ のカレンさんと言い、肝心なところで冷や水かけるのがホントお得意ですなぁ。。

でもこの所は金相場も若干持ち直してきているし、「経済の過熱」が原因の大幅赤字だって事は既に市場でも折込済みだと思うんで、長期的には金利が上がるのは間違い無しだと思ってます。
15円40銭台辺りまで来たら、ここは強気の押し目で拾ってやる!

しっかし USD/JPY、ここまで戻してくるとは・・・
今となってみると、例の件でポジが刈られてしまったのが惜しいなぁ。

ただ、中長期的には USD 限界説を信じてるんで、FOMC を前に好調な AUDNZDGBP 絡みのストレートペアを仕込んどこっと。
(とか言いながら、週末に EUR/USD の SHORT 仕込んでたんで、今日は満面の笑みなんですが。)

今週もガンガルぞ!!


フィリー・・・よわよわ。
昨晩、深夜1時に問題のフィリー指数が発表されました。
結果は・・・

[ニューヨーク 19日 ロイター]
米フィラデルフィア地区連銀が発表した10月の製造業業況指数はマイナス0.7で、前月のマイナス0.4から低下した。
エコノミスト予想はプラス7.0だった。

業況指数の低下は2カ月連続で、経済減速が続いていることを示した。
ただ今後の見通しを示す指数は上向き、景気先行き懸念は和らいだ。
業況指数は低下したが、市場の反応は9月の指数が2003年4月以来で初めてゼロを割り込んだときより小さかった。
10月は構成要素の新規受注指数、出荷指数がそれぞれ、9月のマイナスからプラスに転じた。

フィラデルフィア地区連銀の経済アナリスト、マイケル・トレビング氏は「9月に続いて業況指数が低下し、ここ数カ月の経済活動の一部の弱さを示唆した。ただ連銀では、この水準でも横ばいないし小幅な成長とみている」と指摘。「新規受注がやや上向いたことは良い兆候であり、6カ月先の見通しでは9月に低下した分をほぼ取り戻す上昇になっている」と述べた。
連銀調査では、支払価格指数が引き続き鈍化していることが示された。石油相場下落が主因だった。従業員数指数も9月を下回った。



マイナス 0.7ぁ? よ、弱い・・・・

内訳を見ると、石油相場の下落が指数を引き下げてるらしく、景況感先行きで見るとそれほど悪くはないとの事ですが、素人目には「二ヶ月連続マイナスかよっ!弱っ!」としか思えんです。

改めてチャートを見ると、指標発表前からのズル下げは発表後すぐに止まってるんで、プロの方々も「まぁまぁ」って判断したんでしょうか?
(事前に指標結果が漏れてたんじゃねーの?と穿った見方しちゃったり。)

ちなみに私、一昨日の日経新聞の誤報で浅めの STOP 食らってたお陰で USD/JPY ポジはまっさらでした。
そんなわけで指標発表直後は、ランド様が USD/JPY に釣られて本格的に腰折れするんじゃないか?って事を心配して ZAR/JPY のチャートずっと見てましたが、金相場が堅調だった事もあってか今回は無事でした。
ホッ。

とりあえず今日のクローズ時点で、USD/JPY がどのラインで踏み止まれるかってとこで、今後の USD のトレンドが決まりそうですね。

暫らくは個人的に絶好調&潤してくれる羊とポン様にかまってもらおっと。


フィリーの悪夢、再びか?
今日はフィラデルフィア地区連銀業況指数の発表です。
先月は事前予想の 14.0 を激しく下回る -0.4 を付けてくれたお陰で USD が売られ、つられて ZAR が暴落したという痛々しい記憶があります。。。

さすがに今回は、前回からの反動を含めて、とりあえず予想としては 7 前後が見込まれているようですが、この所の「悪~い流れ」を引きずって、これまたサプライズだったりしてなんてマイナス思考全開。(最近、凄く自虐的)
USD/JPY と連動しがちな ZAR/JPY も、最近はいい感じに25日平均移動線を超えて来てくれてたんですが、16 円乗せの後は腰折れしてまた平均移動線に絡もうとしてるし・・・

さぁ、今月最後のヤマが来たか?!
(最近こんなのばっかだな。)

なんにせよ、今夜の失業率、フィリーの結果には要注目です。


日経新聞、またですか。。
今朝の日経朝刊に載った以下の記事が、私の短期ポジを綺麗に刈り取ってくれました。

> 日銀は、ヘッジファンドなどが低金利で調達した円資金を
> 元手に高金利の海外資産などに投資している「円キャリー
> 取引」の調査を強化する。この取引が外為相場での円安の
> 一因になっているほか、短期金利の形成にも影響を与えて
> いる可能性があるため。追加利上げなどの金融環境の変化
> で、この取引の解消が一気に進むと、市場が不安定化する
> リスクがある。



どう考えたって、この「調査」がキャリートレードを止めさせることなんて出来るわけ無いですし、あったとしても単なる口先介入の意図でしかないと思うんですが、これに海外はしっかり反応。
おかげで USD/JPY も 118.30 台まで落ち込んでくれて、.50 の後ろに立ててた STOP にヒットしまくり。

まぁ、ロシア中銀の発言以降は指標結果にもほとんど反応せず、ポジ調整が一気に進んでいたんで、今回は読みが甘かった、と反省して GBP/JPY で仕切りなおしを図ります。


しかーし。
わずか数時間後には当の日経も「日銀が特定の取引について監視を強めてはいないと述べたと一部通信社が伝えた。」とのニュースが流れ、USD/JPY もしっかり戻ってるし。。。

に、日経さん・・・またですかっ!!

さっき仕込んだ GBP/JPY がスカッと 50Pip 抜けたんで、今日のところは我慢してやることにしますが、今夜の CPI 結果で USD/JPY が119円中盤まで戻したら・・・許さん!!


投機筋のポジション調整
あの昨日のロシア外貨準備金への円組み入れアナウンスが、120 円オプション攻防戦で積みあがっていた USD ロングの大幅な調整を引き起こすとは予想外でした。。。
とりあえず、今日の PPI 発表までは様子を見るつもりですが、それまでに STOP 掛かったりして。

くそー
今夜もガッツリ飲んでやる。

トホホ。
ロシア、外貨準備高に円購入??
> ロシア中銀のウリュカエフ第一副総裁は16日、モスクワ
> 市内で行われた会合で、外貨準備高として円の購入を開始
> したことを明らかにした

これを受けて、対円通貨レートが巻き戻ってます。
今日は主だった指標発表もないし、ポジション調整を伴って
このまま円が戻す流れが続くのかなぁ?
ロンドン、ニューヨークはどの程度反応するんだろ?

さっき USD/JPY、119 円半ばで逆張り LONG 立てちゃったんだけど・・・
さて、どーなることやら。


今週の経済指標(イベント盛り沢山!)
今週の指標スケジュール

先週は仕事が忙しく、更新サボってました。
スミマセン。

さて、先週は ZAR/JPY 底値損ギリで、スッカリ意気消沈してたわけですが、その後の堅調な AUD、足踏み GBP のお陰で、塩漬かり過ぎになってた GBP/AUD に一筋の光が!!
ああ!神様!!

これまでの大失態で学んだ事は以下の二点。

①メイン口座でレバを上げすぎない。
 これは5月のG7後の悪夢で学んだ事です(苦笑
 当たり前の事ですが、メイン口座のレバが上がりすぎると、原資を丸呑みされる恐怖から小心者な私はビビッてしまい、その後の機会損失が激しくなってしまう傾向が・・・
 しかも、結果として底値損ギリをしてしまう為、投資効率的にも、精神的にも非常によろしくありません。
 んなわけで、メイン口座(セン短)は5倍程度、中~短期スイング口座(FXCMJ)は 20 倍以下、短期スキャル口座(外為オンライン)はレバ問わず、という俺様ガイドラインをしっかり守って行かなきゃいけませんな。

②必ず STOP を!!
 これは今回の ZAR/JPY 暴落から学んだ事です。
 いくらレバが低いとは言っても、ボラが高いランドのような通貨のポジを持つときには、必ず STOP を入れなきゃダメ。
 どんなに「もったいない・・・」って思っても、レンジを放たれてしまった場合には、元に戻るのにエライ時間が掛かるので、その間の機会損失を考えるとやっぱりもったいない。。。
 まぁ、ポジ立ての時点でトレンドを見間違わなければ問題ないんだろうけど、それが出来ないから FX は難しいよなぁ。
 元の狙いから 100Pip も逆に行っちゃう時はちゃんと反省して、ポジの見直しを強制的にかけた方が絶対にいいもんね。
 (でも、SWAP は 150 円超えてる様なら、悩んじゃうけど。)


そんなわけで、今週もコツコツと損失を取り返して行きたいと思います。


さて、今週発表予定の経済指標ですが・・・


IFD & OCO 万歳。
月初の大幅損切りで今更ながら STOP の重要性を本気で再認識したんで、この所は毎日デイトレしてます。

とは言っても、毎日仕事中にチェックするわけには行かないので、最近の円安気味レンジ相場を生かしたクロス円の LONG のみを対象に、出社前に髭剃りながら IFD&OCO を入れて放ってるだけですけど。

ちなみにオーダーポリシーは・・・

 ・日足で直近の短期トレンドを確認
  (いくらレンジ相場でも高値掴みはいやヅラ)

 ・オセアニア~ロンドンタイムの指標発表スケジュールを確認
  (重要指標がある時はチャート見てたいし)

 ・前日終値の 20pip 下で LONG 3枚注文
  (レンジが堅いようなら5枚~つっこむぞ!)

 ・Limit は 15~20Pip、Stop は 70~100Pip に設定
  (レンジが狭いんで、枚数で稼ぐ!)

 ・帰宅途中の電車内で成果を確認
  (大体、残ってないんだけど。)

・・てな具合にしてたんですが、 USD/JPY のレンジが堅いだけあって、これが意外と効果的!
毎日チョコチョコと小銭を積んでます。



しかーーーし。
今日は朝寝坊してしまい出勤前の時間が無かった為、毎朝恒例の仕込みが出来ませんでした。
でも仕事が暇だったので、会社でも携帯でチェック。

そしたら昨日の 120 円アタックに失敗した USD/JPY が、反動から少し調整に入ってるじゃないですか。

お。こりゃいいかも。
人目を気にしながら、15Pip 抜きで3枚、ロングしちゃおっと、と成行オーダー。



・・・・あれ?
何で決済リストにいきなり入っちゃうんだ?


やっちゃいました。
いつも短期勝負には、外為オンラインを使ってたんですが、今日は取引履歴確認中だった FXCMJ でオーダーしちゃったんですね。

ご存知の通り、FXCMJ は両建てできないんです。

いやー すっかり USD/JPY の SHORT ポジがあること忘れてた・・・
ガックシ。



ちなみに ZAR/JPY は 15 円割り込みで、一旦底を打った感じですねぇ。
結果的には底での損ギリ。。。ま、いつもの事なんですが。

で、昨日の夜、懲りずに 15.41 一枚だけ追加してみました。

馬鹿は死んでも直らない。

いやいやいや・・・




FX 業者一覧!(その1)
この記事では、moaimoai 自身がお世話になっている FX 業者をはじめ、最近注目の FX 業者を一覧でご紹介します。


■外為どっとコム

国内最大手の外為どっとコム。
取り扱いはクロス円ペア中心で、手数料は片道~5 銭まで。

FX 業者の中では数少ない 1000 通貨単位でのポジ立てができるので、FX 初心者にはオススメです。
しかも、携帯サイトがかなり充実していて、豊富な市況情報が携帯からも見れるのはウレシイ!
(moaimoai も通勤中は、携帯から外コムで市況概要確認してます。)

・・・とは言え、今となっては取り扱いペアも貧弱ですし、手数料も高いので、あまり積極的な取引をしたいとは思わないのですが、ポジションが無くても口座維持費が無料なので、情報収集用の口座としてはかなりオススメです

 



■セントラル短資オンライントレード

FX の老舗、信頼性抜群のセン短。
取り扱いはクロス円、ドルストレートのペア中心で、最近 moaimoai がヤラレまくってる南ア・ランドや HK ドルなんかも 10000 通貨単位で扱えます。手数料は片道 5 銭。(ランド、HK ドルは片道 0.5 銭)

ここは業者の安全性という意味ではダントツといわれてます。
最近ではアメリカの大手業者 Refco が倒れて大事になっていましたが、やっぱり業者の倒産リスクはなるべく避けたいですもんね。

しかも、業界最高水準のスワップ金利が決済しなくても出金可能なので、いわゆる「二階建て」運用が可能&まったり SWAP 派には嬉しい!
と、言うわけで、moaimoai も高金利な SWAP 目当てポジを長期間寝かそうと思っている時は、ここを使ってます。

また、私の知ってる中では、サーバーの安定性もダントツに高いので指標発表時にも安心して取引できますよ!(これ大事)

願わくば、手数料があともう一声下がってくれれば最強なんですが・・・(笑)





■マネーパートナーズ

今年の夏頃から「手数料無料」「ハイレバレッジ」「楽天グループ」を売り文句に、一気に勢力を伸ばしたマネパです。
実は最初に見た時、楽天証券の「マーケット FX 」が「マネパ」になったのかと思ったんですが、全くの別会社みたいですね。
取り扱い通貨ペアやサービス概要的に見ると、上記セン短の最大のライバルといった感がありますが・・・あとはもっとマイナー通貨ペアを増やしてクレクレ。





■アテナ FX

ここはスゴイです。
なんと口座を開設すると専任担当者がつき、対面&電話取引のみなんです。
最近トレンドのローコスト・ハイレバ・ハイリスクな海外系業者とは対極に存在する業者といえるかもしれません。

・・・でも、対面だと薄利での利隔は恥ずかしそうだな(苦笑





上記以外の名前を出せない業者についての情報はコチラ(笑
将軍様、やりやがりました。
週末、富士山麓の朝霧高原でやってた Camp in 朝霧 Jam なるお祭りに行ってきました。

2006Jam


晴れ渡った秋空の元、昼間からビールを飲みながらユルーイ空間を満喫して、夜は満点の星空の元、ワインを飲みながらキャンプ生活。。。

おかげで、日ごろの仕事ストレスとか金稼ぎとかランド暴落とか、細かなことを全部忘れて真人間になって帰ってきました。
いやー最高。


で、一晩明けてテレビをつけると・・・

「只今、ニュースが入りました。
先ほど北朝鮮が地下核実験を強行した模様です。」


なにーーーー!?
本気でやりやがりました?

反応的にチャートを開くと地政学リスク問題発生に見事に反応して、円安方向にユルユルと。
遅まきながらトレンド後追いで厚めのポジ立て一発ぽちっと。
このところ、異常に狭いレンジをモミモミしていた USD/JPY がレンジを外れて決済約定&お小遣い確保!
不謹慎ながら小さなガッツポーズ!!

って・・・あ、せっかく真人間になって来たのに、すっかり現実に戻ってしまった。(いや、これも全ては極楽生活の為だ。)

今週も頑張るぞ!!


BOE 政策金利据え置き。
今日発表された BOE の政策金利発表結果は事前の予想通り「据え置き」でした。

しかーし。
そんなわけで、指標発表直後から GBP は大幅に下落して、我が家の GBP/AUD にもまた希望の光が!

でも、なんでこの前のサプライズを経ているにもかかわらず、まだ利上げを予想するアナリストがいたんだろ??

昨日までに GBP のスキャルポジは全部片付いてたんで、手放しで喜んじゃうよ~(笑

オフショアでも GBP 預金をしたいと考えてたので、この調子で半年前のレートまで戻ってくれるとありがたいんだけどなぁ~


・・・え? ZAR
もうしばらくはチャート見ません(キッパリ


ランド様に完敗です。
昨日のニューヨークタイムから続く悲惨な流れは、今日の東京タイムでも変わらず。
しかも、いつもは若干持ち直す東京タイムでも ZAR がもう一段下がるというサプライズ付き。
よって、ZAR の追加 STOP が次々と約定(泣

もう完敗です。

ZAR に関しては情報不足だったにもかかわらず、過去半年のチャートと16円後半から17円前半を行き来してた流れから来た「割安感」から不要なポジを抱えてしまいました。
しかも、通貨単価の安さから、ここまで急激な下落は無いだろうとタカをくくって STOP かけずにポジを増やしちゃったのが最大の敗因です。

今年5月の G7 明けからこつこつと積み重ねてきた儲けがすっかりすっ飛んでしまったのは悔しいけど、高い授業料だったと思って今後は頑張りたいと思います!

今日は思わず決意表明!


商品相場大幅下落とランド。
この所の原油価格の下落が一段と進んだのを受けて、金相場が大幅下落。
とうとう来たか、金バブルの崩壊が。

これを受けて資源国通貨が下落したんですが、中でも一番目立ったのはやっぱり暴君ランド
元々の通貨価値が15円台序盤しかないのに、下落幅は他の通貨と同様に 40Pip とか落ちるんだもん。
ありえない。。

やっぱり・・・

  世界的な金余りで投資先リスク査定の敷居低下
           ↓
    ハイリスク通貨への投機投資浸透
           ↓
  日本のジャブジャブ金融政策終了&ゼロ金利解消
           ↓
      キャリートレード下火へ
           ↓
   5 月 G7 以降の US ファンダへの不安再燃
           ↓
      投資・投機先の再選定
           ↓
    US、意外と軟着陸できそうじゃね?
           ↓
  エマージング通貨のリスク再認識&資産引き上げ
           ↓
      不安視されてた金バブル破裂?
           ↓
  エマージング資源国通貨、目も当てられない


・・・って流れは避けられませんでした。。

んなわけで、上機嫌で寝てる間に ZAR/JPY ポジの一部の OCO STOP が刺さってました。
アハハアハ。
今月もまたマイナスからのスタートか。

やっぱり、情報が乏しく流動性・規模も小さいマイナー通貨は、仕手筋入った低位株みたいに思惑で乱高下しちゃうんだな。
コワイコワイ。


そんなわけで、目先の500円につられて、FC2 Blog の TB キャンペーンにも登録してみた(笑
どっかにお金、落ちてないかなー


将軍様ご乱心。
今日は日本時間午前中に発表があった豪小売売上高&もろもろがイマイチだったので、昨日の段階で一目均衡表の雲に片足突っ込んでた AUD がズルズルと値を落とし始めました。
ポン様は統計局のミスが発覚しても元気がいいだけに、AUD が下がると塩漬け GBP/AUD がまた更に重くなるんだってば・・・ ( 2.4500 台の SHORT とかは、既に損切り不可。。。)

更に今日は主だった指標発表予定が無かったので、初心に返って早々、FX サボってオクトーバーフェスティバルに行ってしまいました。。
いやーだって、10月といえばドイツのオクトーバーフェス。
ビール、アイスバイン、ザワークラフトでしょ。
そんなわけで、仕事終わりとともに気分はすっかりドイツ人。
シャーウエーッセーン。

さてさて、本場ドイツビールを一通り堪能した後に一服していたら、携帯のメール着信に気づいたわけです。

「将軍様、またしてもご乱心。」

え?核実験&核兵器開発強行するって?
コリャ円安まっしぐらかと思い、会場の隅で思わずクォートを開くも、既に市場の一次反応は終わった後。
結果的には USD がレンジを切り上げ、EUR が 150 円をガッチリ確保したくらいで、思ったほどの動きは無かったみたい。

んなわけで、とりあえず携帯を閉じ、そのまま白ソーセージを買いに行ってしまいました。
やっぱり FX は目先のお祭りに勝てませんでした・・・(だってプロじゃないし。)

明日こそは帰宅後、ちゃんとクォートをウォッチします。


結局、今日の成果は余剰金率稼ぎを兼ねた EUR/USD の弱気 20Pip 抜きと、思い切り高値ロングしてた GBP/JPY の 3Pip (SWAP は \7,000 Over)クローズのみ。
差益だけで考えると、今日のビール代の足しにもなりません。

正直、かなり酔ってるので、今日はもう寝ます。

ISM 結果を受けて・・・
今日は帰宅後もちゃんと真面目に FX やってます。
(このところ、あまりチャートを見たくなかったんで・・・)

さて、日本時間11時の米 ISM 製造業景気指数が発表されましたが、内容は予想通りの弱めの結果。
っていうか、みんなホントに予想したんだろうね、指標発表直前から USD/JPY や EUR/USDUSD 安方向に大きく動いてたし。
特に内訳の雇用指数が50を割り込んだのが響いたらしい。
でも、USD のトレンドを大きく変えられるほどのインパクトは無かった様で、指標発表直後の USD 売りもすぐに一服して今は落ち着いてきた様子。

やっぱり今週の USD は、週末の雇用統計までこんなどっちつかずの状態が続くのかなぁ。
そんなわけで、ちょっと距離を置いとくのが善しかと。

一方、個人的な今日の主役はポン様。
対円ではしっかり 222 円台まで乗せてきたし。
おかげでちゃっかりお小遣いを稼がせてもらえました。
やっぱし短期売買にはポン様最強だな。
木曜日の BOE 政策金利発表(多分、据え置き)まではスキャルに励もっと。

寝かせっ放しの GBP/AUD は・・・ 明日の豪小売売上高とあさっての豪貿易収支&キャッシュターゲット発表までは変化無いだろうから忘れとこっと。


今週からの意気込み。
今週は、週末の米国の雇用統計関連の発表に向けて、もう少し真面目に FX やりたいと思います。


というわけで、まずは今日発表予定の指標は以下の通り。

                      前回  予想  結果
08:50 日本
  日銀短観 大企業製造業業況判断    21   21   24
  日銀短観 大企業製造業先行き     22   21   21
  日銀短観 大企業非製造業業況判断   20   20   20
  日銀短観 大企業非製造業先行き    21   21   21
  日銀短観 大企業全産業 設備投資  11.6% 11.85%  11.5%

10:30 日本
  毎月労働統計 現金給与総額(前年比) 0.4%  0.5%  -0.5%

       < いま、ここらへん >

14:00 日本
  自動車販売台数           -5.9%  N/A

16:30 スイス
  SVME購買部協会景気指数        68.2  66.0

16:55 ドイツ
  製造業購買担当者指数         58.2  58.0

17:00 欧州
  製造業購買担当者指数         56.5  56.4

17:30 英国
  製造業購買担当者指数         53.1  53.0

23:00 米国
  建設支出              -1.2%  -0.4%
  ISM 製造業景況指数          54.5  53.7
  ISM 支払価格             73.0  68.0
  中古住宅販売保留          -7.0%  0.2%


まずは日銀短観の結果が出ました。
大企業製造業の業況判断は予想以上の強い結果。
でも、製造業、非製造業ともに先行きは変わらず、しかも設備投資は僅かに弱め。

続いて、給与総額だけど、-0.7 と大幅な低下。
ま、実際のところ、「景気回復!景気回復!」っていわれてても、給料増える気しないもんな。
まぁ、順当か。

んなわけで、中値終わった後も円安基調に大きな変化はなさそうだな。


ちなみに、いつも携帯から見てた、外為どっとコムの FX Wave だけど、先月末で情報提供は終わっちゃったんだねぇ。
指標結果の確認なんかは、「ニュース速報」よりも早かったんで重宝してたのに・・・残念。


テクニカル分析を極めると・・・
相互リンクさせてもらっているももたまさんのBlog、「FX-ランド円のテクニカル分析」でいい情報サイトを教えてもらいました!

それは・・・
        FOREX WATCHER
                      ・・・という個人運営の情報サイトです。

このサイトは USD/EUR/JPY を中心としたチャート分析サイトで、使えそうな情報やリンクが充実しているだけでなく、ブラウザベースのフィボナッチ・ターゲットの計算機なんかもあるので、かなり重宝しそうです。

スゴイなぁ・・・
ここまでやりこめると、勝ち負け関係なく、チャートアクションが楽しくなりそう・・・(もうランドのチャートはしばらく見たくないヅラ)

ま、ダメダメ言っててもマイナスは減らないので、来週からはハイレバスキャルも復活させなきゃ。

Let's 前向き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。